便秘解消に朝コップ一杯の水の飲み方間違ってませんか?

朝 快便 水
朝起きて、すぐにお通じ・・・これ、最高に気持良いですよね。
誰もが一度は経験していると思いますが、朝からスッキリできれば、一日中体が軽いし気分も良いものです。
しかし、確実に毎日というわけにはいかないのが現状ではないでしょうか。
朝 快便

朝起きて5分以内に水を飲む

まず、朝起きてから5分以内に水を飲む事が大切です。
腸がまだ目をさましていない状態の時、一気に刺激を与える事で、腸がいつも以上に動きを激しくします。
油断してボーっとしてる猫に、後ろからソーッと近づいて突っつくと、猫はびっくりして素早く逃げていくでしょ?
あれと一緒で(ちょっと違うが・・・)、油断している腸に瞬間的に刺激を与える、というのがポイントです。

頭上からガツンと!

水を飲む時は一気に!
なぜなら、水を胃に一気に流し込むことで、その重みで腸を刺激するからなんです。
多くの人は、水分を与える事で便が柔らかくなるとか、下痢のような症状を起こして排便すると考えていますが、それは違います。
水を飲んで腸に重量をかけてやることで、腸が胃にたまった水の重みの刺激で活発に動き出すのです。
だから飲む時は一気に!
ゆっくり飲んだら、腸にゆっくり流れていくので胃に水が溜まることができない、つまり重量での刺激は無意味になります。
ちなみに、常温の水を飲む理由ですが、冷たすぎると体を冷やす原因になるし、熱すぎると一気に飲めないから、常温の水なんです。
一気に飲めるなら、温かいお湯でもかまいません。
また、熱いお湯を少しずつゆっくり飲む事で体を温め、腸の活動を目覚めさせるという方法もあるので、自分が合っている方をやってみるといいですよ。

立て!立つんだジョー!

水飲んだ!一気に飲んだ!安心して一休み・・・は、ダメです!
水を一気に飲んだら、座らずに立って過ごしましょう。
といっても、ただボーっと立っているのもおかしいですから、その間に動いて朝の支度をしたり、歯磨きをしたり、とにかく座って動きを止めちゃダメです。
水の重量を最大限利用するためには、直立しておかないとダメというわけです。

出なくても焦らず、毎日続けてみよう

強度の慢性便秘の人などは、1日ですぐにスッキリ!というわけにはいかないと思います。
とにかく続けてみることです。
続けていけば習慣にできますし、スッキリできた時はとても気持ち良い思いをするので、その気持良い思いが快感となり、朝スッキリが生活習慣に変わるはずです。
朝起きて5分以内に水を一気飲みして立ってウロウロ
初日から出なくても大丈夫。
そもそも、大腸だけでおよそ10時間~60時間くらいかけて便は旅をしているのですから、最長60時間かかれば、2,3日出なくても問題ないということになります。
そう、絶対に毎日快便!という必要はないのですよ。