腸が機能してない状態では水も食物繊維も意味をなさない

腸内フローラ 便秘
慢性的な便秘に悩む人の多くが、実は大変な勘違いをしている可能性があります。
それは、
腸の機能が正常ではないのに、「水分」や「食物繊維」ばかりに注目している、ということです。
水分も食物繊維も、便秘解消には大切な要素であることは間違いないんです。
でもそれは、正常に働いている腸に対しての付加価値要素でしかありません。
腸が正常に働いていない状態で水分をたっぷりとることは、体が冷えて”水害”を起こすだけです。
腸が悪玉菌だらけなのに食物繊維をたっぷり摂っても、単に腸の中で詰まってますます便秘が悪化するだけです。
ほとんど語られる事がないのが不思議なのですが、腸内環境が整ってこその水分・食物繊維です。
町中にある工場にたとえてみればわかりやすいでしょう。
どんなにたっぷりと原料や材料を仕入れても、工場にそれなりの設備と従業員がいなければ、それはベルトコンベアーに乗っかったままいつまで経っても商品に変わらず、出口付近で山積みになって詰まってしまうだけです。
同じように、便秘解消法するには、腸内環境が整っているからこそ水分や食物繊維が正しく加工され、便秘の解消につながっていくというわけです。
水も食物繊維も、便秘解消には大切な要素ですが、あくまでも腸の環境が整っていなければ、それは単なる無用の長物であるだけでなく、便秘を悪化させてしまう原因にもなりかねません。