妊娠中は便秘になりやすい!その原因と解消法

妊婦 便秘
女性にとって、妊娠というのは大きな体の変化でもありますよね。
妊娠中は便秘になりやすい妊婦さんも多いそうです。
そのため、多くの妊婦さんが便秘の解消法を探しているのを目の当たりにします。
今まで便秘など経験したことがなかった人まで便秘になることが多いようで、私の知人の奥様方も、ほぼ妊娠と同時に便秘を経験しています。
原因は2つあって、ホルモンバランスの崩れ大腸の圧迫です。
妊娠すると、黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌されるようになります。
黄体ホルモンは、着床を安定させたりといった、妊娠を維持する働きのあらうホルモンなのですが、実は腸の動きを弱め、
を誘発してしまうという働きを持っています。
腸は筋肉でできていて、ぜん動運動という便を送り出す動きをしていますが、このぜん動運動が弱まるために便秘になりやすいのです。
そしてもう一つ、腸の圧迫はもちろん、赤ちゃんがお腹で大きくなることで起きます。
赤ちゃんが大きくなるにしたがって、腸を圧迫するために、便が通る場所が狭くなり、それによって
を誘発しやすくなります。
妊娠も後半になると、直腸性便秘はますます起こりやすくなるようです。
しかし、妊娠中は当然ですが、便秘薬などは飲めません。
できるかぎり、自然に治すことが必要となります。
が、食物繊維が良いだろうと、野菜やごぼうなどのような不溶性食物繊維(セルロース)の大量摂取をすると、弛緩性便秘および直腸性便秘になっている場合は、腸内で詰まって症状を悪化させる事があります。
不溶性食物繊維はダメ
そこで、水溶性食物繊維を多く含む食品を、意識して摂ることが妊娠中の便秘の解消法としてや有効です。
水溶性食物繊維
水溶性食物繊維2
水溶性食物繊維とは、わかめや納豆などのように、
水分を含むとネバネバする食品だと思っていいでしょう。
ネバネバ成分が、腸壁と便との潤滑油の役割を果たし、自然に便秘を改善してくれるはずです。
水溶性食物繊維はほかにも、コンニャクやオクラ、レモンなどにも多く含有されていますから、それらを意識的に多く摂ってみて様子を見るようにしてください。
腸内環境を整えるためには、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やすよう心がけていきましょう。
また、ウォーキング程度の軽い運動であればやったほうがいいですが、あまりにもつわりがひどい場合は遠慮しておきましょうね。