理想の腸内環境とはどんな状態なのか?

善玉菌 悪玉菌 割合
理想の腸内環境とはどういう状態なのでしょう?
”腸内環境を整えましょう”
このフレーズは良く耳にしていると思います。
では、理想的な腸内環境とはどういう状態をいうのでしょうか?
理想的な腸内環境とは、
善玉菌 7 : 悪玉菌 3
善玉菌 悪玉菌
この状態が
最も便秘知らずの快便状態をつくり出してくれる腸内環境
と言われています。
便秘知らずの健康な腸の持ち主は、善玉菌と悪玉菌の割合が上記に近い状態なのですが、ストレス社会&不規則な生活が当たり前の現代、多くの人が悪玉菌勢力が上回っているのが現状です。
弛緩性・直腸性・痙攣性と、便秘のタイプやそれぞれの対処法がありますが、
全ては善玉菌7:悪玉菌3という勢力図が条件です。
どんなに便秘対処法を試してみても、腸内環境が整っていなければ効果は半減します。
逆に言えば、腸内環境が整っていれば、便秘にはなかなかなりにくいという事も言えます。
日本人は腸が長い農耕民族ですから、
・消化吸収の悪く腹持ちの良いご飯、食物繊維の多い野菜などをたくさん食べる事
・生活にリズムをつけること
・善玉菌が活発になるよう、腸内環境を理想に近くすること
この3つを意識するだけで、便秘に悩む人はほとんどいなくなる、と考えます。
ファーストフードや欧米食が氾濫し、夜通し起きていることが珍しくない今の日本では、上記のような生活は難しいかもしれませんが、自分なりに意識して食生活、生活リズムを整えるように努力してみてください。
腸内の善玉菌は、ビフィズス菌のほかに30種類程度が存在します。
それぞれの善玉菌には、”好みのオリゴ糖”が存在するそうです。
ビフィズス菌 善玉菌 オリゴ糖 種類
30数種類の善玉菌それぞれの”好みのオリゴ糖”を全て配合した100%純粋なオリゴ糖は、日本で唯一こちらのオリゴ糖のみです。
通販限定なので、上記サイトからしか購入ができません。
その理由なども、上記サイトに全て記載されていますので読んでみてください。