善玉菌が活気づくと腸内環境が勝手に良くなっていくその理由とは

善玉菌 悪玉菌 比率

便秘を解消するためには、腸内環境を整える事が大切というか、不可欠な要素の一つです。
なぜなら、腸が活発にぜん動運動(便を押し出す動き)をするには、腸内細菌の活動が大きく関わっているからです。
腸内細菌は、小腸から大腸にかけて約100兆個程度が住み着いています。
100兆個の腸内細菌は、大きくわけて3種類に分けられます。
善玉菌悪玉菌日和見菌 の3種類です。
このうち
善玉菌は全体の約20%、悪玉菌が約10%、日和見菌が約70%、この割合が最も腸内環境が良い状態と言われています。
善玉菌 悪玉菌 日和見 割合
最も多い日和見菌は、善玉菌にも悪玉菌にも属しませんが、
どちらかが優勢な時には優勢な菌に加勢する
という、きわめてやっかいな存在です。
つまり、
日和見菌全体を味方につけることで、腸内はいつも快適に保たれる
ということです。
もちろん、腸内環境だけでなく、毎日の生活習慣に”食事の改善”と”運動”を取り入れることで、便秘改善のスピードはアップします。
食事は、野菜などの不溶性食物繊維、そして昆布や納豆などの水溶性食物繊維を、必ず1品摂るようにしましょう。
運動は、なにもツラいスポーツをすることはありません。
軽いウォーキングなど、体を動かす事で腸が動き、腸そのものの血行が促進されるので、ぜん動運動も活発になりますよ。
特に腸には、体全体の免疫細胞の6割が集まっていますから、便秘改善だけでなく様々な病気の予防にも有効なので、腸内環境は軽く考えず、しっかりと改善すべきなのです。
善玉菌を常に優勢にしておけば日和見菌は善玉菌の味方をしてくれますから、全体的に腸内が活発に動き、しかも悪臭も少なくなり、有害なガスも出にくい状態に保たれるというわけです。
便秘にならないためには、善玉菌を優勢な状態にしておき、それにつられて日和見菌が善玉菌と同じ働きを率先して行ってくれる状態にしておく事で、腸内は正常に保たれるわけですね。